Home » その他 » Google Reader、2013年7月1日終了のお知らせ
3月
14

Google Reader will not be available after July 1,2013

We launched Google Reader in 2005 in an effort to make it easy for people to discover and keep tabs on their favorite websites. While the product has a loyal following, over the years usage has declined. So, on July 1, 2013, we will retire Google Reader. Users and developers interested in RSS alternatives can export their data, including their subscriptions, with Google Takeout over the course of the next four months.

via: Google Official Blog: A second spring of cleaning

え、ちょっと待ってなにそれ困るかも…
はっきり言ってRSS関係はGoogleさんに全てをお任せしている状態、iPhoneやAndroidのアプリで見るのもGoogle Readerさん経由で使い分けてるのに。
ヤダヤダ困る掃除するとこ間違ってるだろとわがまま言っても仕方ないので、とりあえず代わりになりそうなのをピックアップしてみよう…


Google リーダーのデータをダウンロードする方法
まずはこちら、Google Readerのヘルプから。

Google リーダーは 2013 年 7 月 1 日をもって廃止します。その前に Google リーダーのすべてのデータのコピーをダウンロードする場合は、Google データエクスポートで行えます。登録データは XML ファイルとして取得できます。また、次の情報は JSON ファイルとしてダウンロードされます。

  • あなたがフォローしているユーザーのリスト
  • あなたをフォローしているユーザーのリスト
  • スターを付けたアイテム
  • Good! と評価したアイテム
  • 共有したアイテム
  • あなたがフォローしているユーザーが共有したアイテム
  • 作成したメモ
  • コメント付きのアイテム
データエクスポートで Google リーダーのデータのダウンロードを開始するには、ここをクリックしてください。ダウンロード後は、登録データを簡単に他のサービスに移行して、オンラインでの閲覧を継続することができます。

via: Google リーダーのデータをダウンロードする方法 – Google リーダー ヘルプ


Googleリーダーの代わりに使えそうなRSSリーダー
feedly. feed your mind.
Googleアカウントでログインするだけでデータを引き継げるので楽チン。AndroidやiPhoneのアプリもあり、また既存のRSSリーダーアプリでもアップデート先を変更するだけでそのまま使用可能。

7月1日より前にFeedly で Google Reader にログインすれば、手動でエクスポートして他社サービスにインポートする手間なく、シームレスにそのまま移行が可能としています。
さらに Feedly はバックエンド側で Google Reader の クローン API を用意してサードパーティのクライアントアプリからのアクセスを受け入れることも表明しており、他社の Google Reader (サーバ) 対応 RSS リーダーアプリも、アップデートでアクセス先を変えるだけでそのまま移行できることになります。

via: Google Reader 代替にFeedly が名乗り。他社アプリのAPIアクセス受け入れも表明 – Engadget Japanese



Netvibes – Social Media Monitoring, Analytics and Alerts Dashboard
RSSリーダーとはちょっと違うかもしれませんが…ダッシュボードで購読管理を行い、iPhoneなどのモバイルデバイスからもアクセス可能でオフラインでの記事閲覧も可能。iGoogleのガジェットのようなWidgetもあり。
Netvibes(ネットバイブス)でスタートページをカスタマイズ | Webアプリのいいところ

Googleリーダーのようにフィードを追加して読むことができるのはもちろんのこと、RSSフィードをよりビジュルアルに(例えば新聞のようなレイアウトで)見ることもできます。さらに特定のサイトに重点を置いてトップニュースを表示したり、未読件数を表示させることもできます。

via: 7月1日に終了するGoogleリーダーの代わりに使えるサービスは? : ライフハッカー[日本版]



はてなアンテナ
お気に入りのページを登録しておけば自動巡回して、専用ページに更新順に表示してくれます。
OPMLファイルやHTML、テキストファイルなどからページを一括で登録することができるため、Googleリーダーからの移行も可能。


livedoor Reader – RSSリーダー
livedoorが提供しているRSSサービスで、Google ReaderのOPMLファイルをエクスポートすることで移行が可能。
機能面も充実しており、また日本語ということもあって使い勝手はそこそこいいのではと…


My Yahoo! – Myページ
Web上のコンテンツを自分専用にカスタマイズし、メールやニュースなどを1ページにまとめることができる、Yahoo!提供のサービス。


Reeder
iPhone・iPad・Mac用の有料RSSリーダー。TwitterやEvernoteやinstapaperなどのサービスとも連携。Googleリーダーと同期可能、「Don’t worry, Reeder won’t die with Google Reader.」とのことだけど、サービス終了を受けてどう動くのか…


Netvibesも面白そうだけど、今んとこ最有力候補はfeedlyかなぁ。
iPhoneアプリのRSSリーダー、BylineはGoogleリーダー専用だから使えなくなる可能性もあるし、過去色々落としてたやつを漁ってみなくちゃだわ…

,

Add reply

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しませんのでご了承ください。