Home » その他 » Google+ 使ってみた
7月
12

Google+ 使ってみた

Google+

Google+ とはなんぞやという記事を前回書かせて頂いたわけですが、実際に使ってみた感想をば。
Google+ プロジェクト


Google+ に新規登録
Google+ に新規登録現時点では Google+ は招待制のため、登録するにはユーザーから招待状を送ってもらう必要がある。招待メール内にある “Google+ の詳細” ボタンから参加ページにアクセス。Google アカウントに登録してある状態でアクセスすればそのまま登録画面が表示される。注意書きを読んで参加ボタンをクリック。

Google+ とPicasaウェブアルバムをリンク参加ボタンをクリックすると、”Google+ と Picasa ウェブアルバムをリンク” と “Google+ に参加しない” の選択肢。Picasa ウェブアルバムとリンクしないと Google+ は利用できませんよーと強制的な…。でもとりあえずリンクをクリック。


Google+ にログイン
Google+ にログイン

こちらがログイン後のホーム画面。サークル・ビデオチャットルーム・Sparks への説明&リンクと、プロフィール編集画面へのリンクなどが表示される。

サークル
Google+ーサークル

サークルと呼ばれるグループ分け機能。カードのように並んでいるユーザーを、任意のサークル内にドラッグ&ドロップすればOK。
候補一覧に表示されていない場合は、連絡先を名前などで検索して追加することもできる。

ここで設定したサークル分けは色々なところで活用されることになる。
例えば投稿時にアレとコレのサークル内の人達にのみ公開するようにしたり、このサークル内の人達とのみチャットできるようにするとかという使い方もする。
細かく好きなようにサークル分けすることができるので、コレはコレでなかなか楽しい予感。だがしかし、あまりにも細分化し過ぎると今度は誤爆しそう…。

ストリーム
Google+ーストリーム

Twitter でいうところのタイムライン、Facebook でならウォールにあたる Google+ のストリーム。フォローしているユーザーの投稿が一覧表示される。

【新規投稿】
Google+ーストリーム(投稿)

Google+ーストリーム(写真を追加):写真を追加 Google+ーストリーム(動画を追加):動画を追加 Google+ーストリーム(リンクを追加):リンクを追加 Google+ーストリーム(場所を追加):場所を追加
“共有するサークルやユーザーを追加” で、サークル毎の表示やユーザーを追加することができる。

【投稿やコメントで特定のユーザー宛てに @ 付き投稿を送信するには】
Twitter におけるリプライ機能ってところだろうか。特定のユーザーに向けて注意を促しない時などに利用する。特定のユーザーだけでなくフォローされているユーザーにもその発言は表示される。
  1. +<ユーザー名>” または “@<ユーザー名>” と入力
    (ユーザー名ではなく、メール アドレスを入力することもできる)
  2. 何文字か入力すると、ユーザー リストに登録されているユーザーが表示される
  3. @ 付き投稿の宛先ユーザーを選択
※ 半角打ちで “+” “@” を入力しないと候補は表示されない(全角から半角に変換ではダメ)

【投稿における文字装飾】
太字:”“(半角アスタリスク)で文字を囲む
イタリック:”_“(半角アンダーバー)で文字を囲む
打ち消しSEN:”-“(半角ハイフン)で文字を囲む(アルファベットを最低1文字入れなければならない)

【ショートカット】
K:前のストリーム
J:次のストリーム
Q:チャットのユーザーを検索
スペース:スクロールダウン
Shift + スペース:スクロールアップ
return:コメントの入力
Google+の操作やコマンドについて

【投稿の共有】
Google+ーストリーム(共有)

ストリームに表示されている投稿内容を共有したい時は、各記事の下部にある “共有” から。

【+1 ボタン】
Facebook の “いいね!” とブックマークが合体したような機能。ちなみにストリームや Speaks からだけでなく、Google 以外のサイトに +1 をつけることもできる(要設定)。

Sparks
Google+ーSpeaks

Sparks は自分の興味のあるトピックを登録しておくことで、自動的にそのトピックに関する動画や記事を探してきてくれる機能。Sparks で興味深い記事を見付けたら、それを共有してストリームに表示させたりすることができる。ちょっとした時間の合間にという使い方もできて、いい暇潰しになりそう。

プロフィールを表示
Google+ープロフィールの設定プロフィールの編集は、画面右上の自分の名前から “プロフィールを表示” で設定が可能。
ここでは自分の投稿内容・写真・動画・+1 が確認できるだけでなく、プロフィールの編集もできる。

【投稿】
自分の投稿内容一覧が表示される。

【基本情報】
自分のプロフィール画面。上部にある “プロフィールを編集” から、自己紹介・自慢できること・職業・勤務先・学歴や外部リンクの設定などが行える。

【写真】
共有アルバムの一覧表示。アルバムは共有相手にだけ表示される。

【動画】
共有動画の一覧表示。アルバムと同様、共有相手にだけ表示される。

【+1】
+1 の一覧表示。Google 内だけでなく 外部サイトでつけた +1 もここでみれる。

プロフィールの編集
Google+ープロフィールの編集自己紹介・自慢できること・職業・勤務先・学歴・住んだことのある地域・連絡先・ニックネームなどの他、検索の公開設定をおこなうことができる。

Google+ーメールの送信設定プロフィール編集画面の左側、プロフィール写真の下にある “メールの送信” から、プロフィールから自分にメールを送信できるユーザーの設定ができる。

アカウント設定
チェックしておきたいのがこのアカウント設定。画面右上の自分の名前から “アカウント設定” でアクセスして設定項目を表示。

  • アカウントの概要
    マルチログインやアプリケーションとサイトを認証する設定などがここでおこなえる
  • プロフィールとプライバシー
    一般公開プロフィールの設定(プロフィールを表示→基本情報→プロフィールを編集からもおこなえる)・サークルやネットワークなどの共有設定・Google+ の設定・プライバシー設定ができる
  • Google+
    配信&通知設定がおこなえる
  • 言語
    デフォルトの言語設定がおこなえる
  • データエクスポート
    プロフィールデータやストリームデータなどのバックアップをPCに保存することができる
  • 接続しているアカウント
    Twitter や Facebook などの他サイトからアカウントに接続することで、共有コンテンツを見ることができたり、ウェブ上で共有しているアイテムを他のユーザーに見付けてもらうことができる

上記各項目から Google+ だけでなくカレンダー・リーダー・Gmail などの Google サービスの設定も行えるわけだが、ここでは個人的にやっておきたい項目だけ下記に紹介。

【プロフィールとプライバシー > 共有設定 > ネットワークでの公開設定】
Google+ーアカウント設定(ネットワークでの公開設定)自分のプロフィール画面にどのユーザーが表示されるのかを設定することができる。なお、サークル名は表示されず、ユーザーが一覧となって表示される。

【プロフィールとプライバシー > 共有設定 > あなたを投稿の共有相手に指定できるユーザー】
ストリームにはサークルに追加したユーザーのみの投稿が表示される。”サークル外からの投稿を表示” から、サークルに入っていないユーザーが自分と共有した投稿内容を確認することができる。

【プロフィールとプライバシー > Google プライバシー > ダッシュボード】
Google+ーアカウント設定(ダッシュボード)Google アカウントに保存されている情報を表示&管理できるダッシュボード。自分の個人情報をしっかりと保護するためにもちゃんとチェックしておきたいところ。

このダッシュボードでは Google+ だけでなく、Gmail・カレンダー・リーダーなど様々な設定がおこなえる。
個人情報ダダ漏れ防止のためにチェックしておきたいのは下記の項目。

  • アカウント:アカウントの管理・個人情報の編集
  • Me on the Web:自分のデータについて検索アラートを設定する
    自分の個人データが一般に公開されたときにメールで通知してくれる機能だけど、本名で登録してて他にも色んな情報を入力してたらアラーとくるの怖いよね…
  • プロフィール:プロフィールの編集・連絡先情報の共有の管理
  • Picasa ウェブ アルバム:プライバシー設定の管理・Picasa ウェブ アルバムのすべての設定の管理
    Google+ をはじめるにあたって写真などをアップした際に強制的に利用されることになった Picasa。位置情報に関することなどは是非見直しておきたい
  • カレンダー:カレンダーの管理
    個人的には依然簡単に設定だけしておいたカレンダー。共有設定の見直しはしっかりと!

【Google+ > 通知を受信する】
Google+ーアカウント設定(Google+)ここで Google+ に関する通知設定を行う。
ここをキチンと設定しておかないとピロンピロンと通知の嵐になってしまうので注意。

電話番号を設定して SMS で通知を受け取ることもできるが、個人的には怖くて電話番号など入力できぬ…。というわけで、頑張ってくれ Gmail。頑張ってくれ Android アプリ。

【Google+ > Google +1】
Google 以外のサイトに +1 を付けれるようにしたい場合は、ここで “有効” になっているかをチェック。(デフォルトでは有効になっているハズ)

【Google+ > 写真】
アップした写真に位置情報を付加したくない場合は “新しくアップロードしたアルバムや写真に写真の場所情報を表示する。” のチェックを外しておく。また “プロフィールにリンクする名前タグを写真に付けた場合に自動的に承認する人” もどのような設定になっているかチェックしておこう。

Android で Google+
Google+-Android アプリAndroid 用の Google+ アプリはすでに出ているのでなかなか楽しい。ただネックは Android を入手したばかりなので使い慣れていないというところか。フリックの感覚が iPhone と微妙に違う…。
と…そんなことは置いといて。

こちらが Android アプリで表示してみた Google+ のトップ。
とにかく見やすい。

Google+ーAndroid アプリの設定んでもってアプリの設定画面。Google+ のアプリを立ち上げて setting から。通知をするかどうか、通知音の設定などがおこなえる。

んでもってコレ重要!この Android アプリだけれど、instant upload で撮った写真を即時に Picasa にアップするというデフォルト仕様になっているため、Google+ や Picasa に写真をアップしたつもりはなくても、新たに携帯で写真を撮ったら勝手にアップされてしまう。なのでコレが嫌な人は、ここで設定の変更が必要となる。

この設定画面の下の方にある “Instant Upload” のチェックを外す 必要があるので要注意!

iPhone で Google+
Google+ーiPhone で Google+iPhone 版のアプリはまだ出ていないので、ウェブから m.google.com/plus google.com/+ にアクセス。

iPhone をごそごそと弄っていたら、どうやら iPhone から Google+ に写真がアップされない模様。そこで Google 先生にお伺いをたててみたところ以下のような記事を発見したので参考までに。
とりあえず早く出て欲しいな、iPhone アプリ。

またまだ始めたばかりで手探り状態。みんなとわーわー言いながら使い方を模索中。
個人的な感想としては、Twitter よりもかたくて Facebook よりは緩い感じ?とはいえ、なかなか面白い。もっともっと使いこなすことが出来るように頑張るべ!

Add reply

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しませんのでご了承ください。