Home » その他 » CopyTrans Manager 使ってみた
5月
16

CopyTrans Manager” は、iTunesを介さずにiPhoneやiPodの音楽・動画を管理できるWindows用のフリーソフト。音楽プレーヤー内蔵で、iPod内の音楽をプレビュー・PCからiPodに転送・タグやアートワークの編集&管理、iPhoneプレイリストの作成・編集・削除、他にもiPodの音楽を直接PCで聴くことが簡単にできるすぐれもの。
音楽や動画をちょろんといじるだけならこれで十分。同期に時間かけなくてもいいし、しかも無料だしね♪
というわけで実際に使ってみたらこんな感じ!

1. CopyTrans Manager をダウンロード&インストール
CopyTrans Control Centerこちらのサイトから “CopyTrans Manager – フリー” のインストーラー版をダウンロード。
ダウンロードした “Install_CopyTrans_Suite.exe” ファイルをクリックするとインストールが開始され、コントロールツールが表示されます。

2. 音楽や動画を iPhone に転送
CopyTrans ManageriPhone をUSBケーブルで接続し、音楽ファイルを CopyTrans Manager にドラッグするだけ!
ドラッグしおわったら画面上部にある “アップデート” をクリックして同期。
ちなみにiTunesの音楽ファイルは…ミュージック→iTunes→iTunes Musicに潜んでおります。

3. CopyTrans Manager で音楽を再生
Player音楽プレーヤー内蔵なので、曲目を選択して画面左下のプレイマークをクリックすれば、iPhoneやiPod内の曲をPCで聴くことができます。

4. CopyTrans Manager でタグの管理
Tag editor曲を選択して右クリック→編集でエディターを開き、タイトル・アーティスト名・アルバム・歌詞・アートワークの編集ができます。

5. プレイリストの作成
Play List左側のプレイリストのエクスプローラーから “+” でプレイリストの新規作成、”-” でプレイリストの削除が行えます。

曲をプレイリストに追加する際は、ファイルをドラッグしてプレイリストにドロップすればおk。


CopyTrans Manager の使い方
CopyTrans Manager のチュートリアル

, ,

Add reply

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しませんのでご了承ください。