Home » 日々徒然 » 某リクルーターの小話
2月
28

知り合いの某企業でリクルーターもしている人からこんな小話を耳にした。

2次面接とかもするらしいんだけど、「なぜ当社を受けようと思ったか」などの常套的な質問にはスラスラと答えるらしい。でもみんな同じような答えだって。「学生生活での思い出は?」っていう質問にはサークル活動で~ってのやボランティア活動で~とか、バイトで~ってのが1番多いらしい。

「就活の本とかで書かれてある通りなんやろうけど、みんな同じ答えなんやなぁ」
そりゃみんな必死ですからwww

「そうなんやろうけど、こう、アレンジとか…」
アレンジてなんや、アレンジてwww

「せめて思い出とかはアレンジ欲しいわ。失敗談とかって意外に思い出になるやん?」
…例えばどんなんね?

「車酔いした時に鼻から昼食でとったうどん出てきたとか…」
ちょwwwそんなばちこいこと、面接で言えるか!つか、経験者か…?

「経験者かどうかは置いといて、例えや例え」
…まぁええわ。でもさ、ぶっちゃけ無難な回答しかできひんやろ。

「でもな、失敗するからこそ得られるものもあると思わんか?」
失敗の内容にもよるわなぁ。

「何度も同じ失敗を繰り返すのはあかん。でも自分の身をもってして得たものは大きいやろ」
(´-`).。oO(何度も何もないところに躓き、生傷が絶えないなちこさんには何ともいえません…)

「ああ、なちのはどんくさいんや」
(Σ(゚д゚lll)ガーン)

「でな、何十人って面接して印象に残ってるのはやっぱり印象に残った回答したやつやねん」
模範的な、面接官が求める回答じゃなくて?

「面接官が求める回答なんて会社や人によって違うからな、別の意味で印象に残った回答や」
それって質問内容からは逸れず、かつ好感をもたれるような内容でさらに印象にも残る回答ってことか?

「面接でそこまで求めたらあかんねやろうけどな」
あれま…疲れとるwww

「採るにしても落とすにしてその一介の学生の人生を左右するようなもんやしな」
あれあれ…

「なんしか鬼気迫るもんがあるわ」
まぁ…あんたんとこで2次までいけたら余計に、なぁ…。

なちこの就活時も大変だったけど、今はそれ以上の氷河期。年々就活を始める時期が早くなってる気がする。ニュースとかみると、新卒採用率が何割減ったとか、新卒生の何人に何人が内定もらえてないとかって話を聞くけど、ナマの声を聞くとやっぱりすごいと改めて実感。
バイトの面接はしたことはあるけれど新卒採用は本部の仕事だし、普段知らない話を聞けるというのは面白い。面白いけどこうやって話を聞いていると、普通に働けているだけでも有難いと思わなければいけないのだろうか(´Д`)ハァ…

即戦力となる中途採用1人リクルートしてきたら現ナマもらえてたっていう噂のバブル期が今では想像もつかない。みんながみんなタクシーチケット使ってたとか今じゃ考えられないもんねぇ。どうなってくことやら…(´・ω・`)

Add reply

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しませんのでご了承ください。