Archive

Archive for the ‘お役立ち&便利サイト’ Category

10月
11


ATND(アテンド)」 は、イベント運営者・参加者のためのイベント開催支援サービスです。


  • イベント告知ページの作成
  • Mixi・はてな・Yahoo!JAPAN・Livedoor・GoogleなどのID(Open ID)による参加申込
  • アンケート機能
  • 参加者リストのDL
これらの機能がが利用でき、コメントのRSSやイベント一覧のRSSも配信されています。
使いこなせばこれは便利なサービス。 イベント作成時に連絡先を記載できるのですが、RSS配信された際にはこの情報もダダ漏れなので気を付けましょう。
→ ATNDのデモページはこちら

9月
30

Japanize」 は外国語のウェブサイトのユーザーインターフェイスを日本語化するサービス。 ウェブブラウザに拡張機能 (プラグイン) をインストールするだけで、いままで英語だったウェブサイトを日本語で操作できるようになります。(IE6以降 / Firefox 2.0以降)

翻訳されるのはメニューなどの一部データに限られますが、機械翻訳の一般的なオンラインサービスに比べてJapanizeは有志のユーザーが翻訳したデータに基づいているので精度が高いのが特徴です。
以下にインストール方法を記載していますが、Firefox用となっています。 Firefox版をご利用の方はFirefoxでアクセス、IE版をご利用の方はIEでアクセスしてください。

Read more…

9月
25

自殺・他殺のあった事故物件紹介サイト

大島てる
自殺・他殺・火災・事故などがあった物件を紹介しているサイト 「大島てる CAVEAT EMPTOR」 がネットで取り上げられてアクセスが集中している様子。 このサイトは 「大島てる」 という不動産会社が運営しており、「殺人事件や火災による死亡事故等の嫌悪すべき歴史的事実があった物件」 を事故物件と定義し、東京23区及び武蔵野市内・横浜市内・川崎市内の事故物件を紹介。
事故物件にはGoogleマップ上に炎のマークが表示されており、それをクリックすると事故発生日・住所(部屋番号まで)・事件の概要が表示されるようになっています。

自殺や他殺、そして焼死や転倒などの事故死などが発生した部屋を不動産業界では “事故物件” という。事故物件の場合、不動産屋は借りようとしている客に対して、事故物件であることを告げるのが義務としてあるという。宅建業法に沿って告知をし、それでもよければ入居してもらうということになる。
しかし、事故物件は事故の次の入居者に告げることはルールとして義務となっているが、次の次の入居者に告げることを義務としていないという話だ。つまり、過去に事故物件として存在していた部屋が、次の次の入居者には何事もなかったかのように借り出されるわけである。
自殺や他殺などがあった物件マップがすごい! 都内は事故物件だらけ! – ガジェット通信 より引用

まてまて、怖すぎだろ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ちらっと調べてみたけど、自殺・火災・事故死・殺人などの他にミイラや白骨死体とかあって怖くなってしまいましたよつД`)
大島てる-事故物件1大島てる-事故物件2大島てる-事故物件3

9月
14

サプリーン
サプリーンは、デジカメで撮った写真など、パソコン内の画像を携帯の待ち受けに変換できる無料サービスサイト。 携帯機種と作成したい画像の種類(待ち受け・ウェイクアップ表示・電話着信表示など)を選ぶだけで自動的にピッタリの大きさに画像を拡大縮小してくれるセミオートマチック変換機能に加え、高画質&省ファイルサイズ。
やり方はいたって簡単。 しかもカスタマイズ性も高いのでこれはおすすめ♪

Read more…

9月
14


インターネットで広告チラシやクーポンを検索できるサービス 「タウンマーケット」。

タウンマーケット 郵便番号や住所から自宅付近の広告チラシを検索したり、駅名・駅一覧・店名から外出先の広告チラシを検索することができます。 お気に入り・履歴保存機能を使いこなせば今後のチェック楽チン。 また携帯からも利用できるほか、新着広告チラシお知らせメールを受け取ることもできるのが嬉しいですね。

特に一人暮らしだと、新聞は取らずにインターネットや会社でチェックするという方も多いのでは? そんな時に広告だけをインターネットでチェックできるというのは嬉しいサービス。 インターネットの広告チラシで安いものをチェックしてダブル節約。 実際に使ってみたところ、掲載されていない近所の関西大手のスーパーもありましたが・・・(;´∀`)
実はこのタウンマーケット、東京と横浜の一部で1週間分のTV番組表と住んでいる地域のチラシを入会金・年会費・退会費用など無料で毎週金曜に届けるサービスも実施しています。 このサービスは是非全国展開を希望したいもの。 広告チラシの掲載店舗を増やしてくれたらいいなぁ。

9月
13

関連エントリーリストジェネレータ

関連エントリーリストジェネレータは、Yahoo!検索ウェブサービスを利用して、キーワードを元にあなたのブログの中から関連エントリーリストを自動生成してくれるサービス。
関連エントリーを貼り付けるのが面倒なあなたへ – F.Ko-Jiの「一秒後は未来」
よくみかけるよね、「この記事の関連エントリー」 とか 「あわせて読みたい」 って一覧が表示されているブログ。 あんな感じになるので内部リンクによる多少のアクセスアップにはつながるのではないでしょうかー。

関連エントリーリストジェネレータ使い方はいたって簡単。
自分のブログURLを入力し、取得件数を選択&キーワードを入力したらいざ抽出!
関連エントリーのリストがHTMLタグ形式もしくははてな記法で表示されます。 はてな記法で抽出したり、はてブ数を表示することも可能。
あれってどうやるんだろう?だった人や、今まで自分でちまちま選んでいた人、このジェネレータで簡単作成してみてはいかが?

9月
13

ザグルメ

年代・年収・業種に合わせて、「好きそうなお店」を検索できるお役立ちサイト 「ザグルメ」。
よくある 「エリア」 や 「料理ジャンル」 とは異なる新しい探し方で、80万件のお店と500万人の情報からお店を検索可能。
年代・性別・年収・業種を選択して検索開始! 検索結果一覧よりエリアの絞り込みができる。

ザグルメ-店舗トップ店舗データのトップには、電話番号・住所・アクセス方法・営業時間・平均単価・クーポン情報の他、「気になった人の属性」・「行こうとした人の属性」 が年収・業種・性別・年代別にグラフ表示される。
メニュー参照もあり、これは嬉しい機能。 グルメサイトに掲載されている予算と実際に行ってメニューみてアボーンな時ってあるしね。 メニュー参照ページの下部には 「メニュータグ」 があり、そのメニュータグからお店の再検索も可能。


ザグルメ-フォトギャラリー地図だけでなくフォトギャラリーもあるので、写真からお店の雰囲気がわかるのがいい。 大事なデートん時の下調べにはもってこいやね(笑)
ちなみに検索結果一覧ページの各店舗データにある料理タグをクリックすると、さらに検索を絞り込むことができる。

実際に使ってみるとなかなか楽しいグルメ検索。 馬鹿正直に年収を選択しなくても、友達と行く時は安く設定したり、デートの時は高く設定したりとお好み次第。 これらの検索&絞り込みの他に、シチュエーション別の絞り込みとかあったらもっと楽しいだろうな。