Home » News » iOS 7は9月18日より提供開始、iWork、iMovie、iPhotoも無料に
9月
12

iOS 7
日本時間11日午前2時から開催されたAppleのスペシャルイベントで、iPhone 5sやiPhone 5cと共に発表されたiOS 7。新機能がちょろちょろと追加されていたので、頭の整理も兼ねてこちらもまとめてみることしました。


iOS 7の新機能
  • スワイプで簡単コントロール
コントロールセンターロック画面を含むどの画面からでも下から上にスワイプしてコントロールセンターを表示。
機内モード、Wi-Fiのオン/オフ、曲の再生など様々なことができるように。
また、周りが暗い時のために、新しくフラッシュライトも追加。

コントロールセンター

  • 通知センターに加わった「今日」という新機能
通知センター下に向かってスワイプすることで、新着メールや、電話の不在着信、やるべきTo Doリストなどを確認できる通知センターに、今日の予定の概要がわかる「今日」という便利な新機能が追加。

  • アプリケーションを切り替えられるマルチタスキング
マルチタスキングホームボタンを2回押すと、開いているアプリケーションのプレビュー画面が表示。プレビューが見えなくなるまで上にスワイプすると、アプリケーションを終了。電力効率の良いタイミングを見計らってコンテンツを更新する時間を設定。

マルチタスキング

  • 様々な撮影フォーマットがすぐに使えるカメラ
カメラ静止画、ビデオ、パノラマ、に新しく加わったスクエア機能。
静止画とスクエアの写真にはフィルタの適用も可能。

  • グルーピング機能が加わった写真
写真「年別」「コレクション」「モーメント」といった新しいグルーピング機能が追加。
iCloudの写真共有では、新しい「アクティビティ」ビューからすべての共有ストリームの最新の状態を一か所で確認可能。

  • 近くにいる人と簡単に共有できるAirDrop
AirDropAirDropがWi-FiとBluetoothを使って写真、ビデオ、連絡先、そして共有ボタンがついたアプリケーションにあるものを何でも、すばやく簡単に共有。受け取ったファイルはあるべき場所に保存。共有非表示設定も可能。

AirDrop

  • iCloudキーチェーン機能が追加されたSafari
SafariiCloudがアカウント名やパスワード、クレジットカード番号を記憶しておき、入力が必要な時はSafariがその情報を自動で入力。この機能は、iOS 7を搭載したデバイスとOS X Mavericksを搭載したMacコンピュータのうち、承認したすべてのもので利用可能。

アップル – iOS 7

iOS 7に対応するデバイスと機能
iOS 7に対応するデバイス
  • iPhone:iPhone 4/4s/5/5c/5s
  • iPod touch:iPod touch 第5世代 16GB/32GB/64GB
  • iPad:iPad 2/Retinaディスプレイモデル/iPad mini
【デバイス別利用できる機能一覧】
iPhone
4
iPhone
4s
iPhone
5
iPod
touch
iPad
2
iPad
Retina
iPad
mini
パノラマフォーマット
スクエアとビデオのフォーマット
スワイプで撮影する機能
カメラのフィルタ
写真のフィルタ
AirDrop
Siri

※女性と男性の新しい音声は、当初は英語(米国)、フランス語、ドイツ語でのみ利用できる予定。

【日本で利用できるiOS 7の機能】
  • Maps
    • 標準
    • 航空写真
    • 道順
    • ルート案内機能
    • 建物の3D表示
    • 渋滞状況
    • ローカル検索
    • ビジネスレビュー&写真
  • Siri
    • スポーツ
    • Twitterの統合
    • Facebookの統合
    • ローカル検索
    • 道順
    • レストラン情報
    • レストランのレビュー
    • レストランの予約
    • 映画情報
    • 映画のレビュー
    • 上映時間
  • 音声入力
    • 音声入力
  • iTunes Store
    • ミュージック
    • 映画
    • テレビ番組
  • App Store
    • アプリケーション
    • ゲーム

アップル – iOS 7 – 新機能
アップル – iOS 7で利用できる機能

iWork、iMovie、iPhotoなどが無料に
iWork
9月1日以降にアクティベートされたiOS 7対応端末では、iWork・iMovie・iPhotoが無料で利用できると発表されました。

文書作成ツールのPages(Word)、グラフや表作成ツールのNumbers(Excel)、プレゼンテーション作成ツールのKeynote(PowerPoint)は各850円、iMovieとiPhotoは各450円で販売されているアプリ。

提供期間やどのような形でダウンロードできるのかなどは現時点では不明なので、詳細待ちというとこだけど…

アップル – iPhone 5s – 内蔵アプリケーション
アップル – iWork – iOSのためのPages、Numbers、Keynote

, , , ,

Add reply

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しませんのでご了承ください。