Home » News » この秋リリースされるiOS 6 まとめ:WWDC2012より
6月
23

iOS 6
WWDC2012でこの秋にリリースされると発表があったiOS 6。Siriの強化やAppleが一からデザインしたMapを含め、200以上もの新機能のなかから10機能が発表されました。

  • 新しいiPad(第3世代)でも使えるSiriの新機能
  • FacebookがiOS全体で統合
  • リマインド機能やおやすみモードが追加された電話アプリ
  • Wi-Fi環境がなくてもFaceTimeが利用可能に
  • iCloudタブやオフラインリーディングリストが追加されたSafari
  • 選んだ写真を特定の人と共有できるShared Photo Streams
  • さらに読みやすく、さらに書きやすくなったメールアプリ
  • 搭乗券もチケットもクーポンもPassbookでまとめて管理
  • 機能を制限したりできる新機能、アクセスビリティ
  • Appleが一からデザインしたマップの新機能
これらの新機能をひとつずつチェックしていきたいと思います!


新しいiPad(第3世代)でも使えるSiriの新機能
  • スポーツ・映画・レストラン情報も教えてくれる
    • 野球やバスケットボールなどスポーツの試合結果やチーム情報などを教えてくれるほか、映画情報を調べたり予告編を再生したりすることができます。また料理の種類・価格・場所などからレストラン情報を調べたり予約したりすることができるようになります。
      ただグルメレビューサイトのYelpやレストラン予約サービスのOpen Table、映画レビューサイトのRotten Tomatoes reviewと提携して実現している機能なので、日本でどこまで対応してくれるのかは微妙なところ。
  • SiriからFacebookやTwitterへの投稿やアプリの起動が可能に
    • FacebookやTwitterへの投稿がSiriでできるようになります。また画面をタップしなくても「Chat Workを起動」といえばSiriがアプリを立ちあげてくれます。
      Siriを立ち上げるのにホームボタンを長押しせんとあかんやん…と一瞬思ったけれど、画面をスワイプしてアイコンをタップしてってことを考えると楽…なのかなぁ。
  • 対応言語の強化、新しいiPadにも対応
    • 中国語などが加わり、Siriの対応言語が15ヶ国語に。
      またiOS 6ではiPhone 4SとiPad(第3世代)で利用可能となります。
アップル – iOS 6 先行告知
アップル – iOS 6 先行告知 – Siri

FacebookがiOS全体で統合
iOS 6 - FacebookがiOS全体で統合
  • アプリから直接Facebookへの投稿が可能に
    • Facebookに一度サインインするだけで、カメラや写真アプリケーションからFacebookに直接写真を投稿して共有したり、マップ上にいたまま現在地を投稿したり、Game Centerから直接みんなに高得点を自慢したりできるようになります。また通知センターから直接投稿したり、Siriで投稿したりすることもできます。
  • Facebookのイベントや友達情報も統合
    • 誕生日を含むFacebookのイベントはカレンダーに取り込まれて表示されます。
      またFacebookにいる友だちのプロフィール情報は連絡先アプリケーションに統合されるので、友だちがFacebookでのEメールアドレスや電話番号を更新すると、それらが自動的に反映されます。
  • iTunesとApp Storeに「いいね!」ボタン
    • iTunesとApp Storeに「いいね!」ボタンがついたので、曲・アルバム・番組・映画・アプリケーションなどにその場で「いいね!」をして、気に入ったアプリや音楽を友だちと共有することができます。
アップル – iOS 6 先行告知

リマインド機能やおやすみモードが追加された電話アプリ
iOS 6 - リマインド機能やおやすみモードが追加された電話アプリ
  • 着信通知に対してメッセージで返答
    • 出られない時に電話がかかってきたら上にスワイプしてオプションを表示させることで着信を拒否したり、iMessageやSMSですばやく返答できるようになります。プリセットのメッセージを使うことも、オリジナルのメッセージを書くこともできます。
  • かけ直し用のリマインダーを設定
    • 出られない時に電話がかかってきたら上にスワイプしてオプションを表示させることで、時間または位置情報ベースのかけ直し用リマインダーを設定できます。1時間後に、または今いる場所から離れる時、家に着いた時、職場に着いた時にアラートを表示させることができます。
  • 電話や通知の遮断設定ができるおやすみモード(Do Not Disturb)
    • すべての電話や通知を遮断したい場合はおやすみモード(Do Not Disturb)をオン。手動でオンにすることも、例えば平日の午後10時に自動的にオンになるように設定しておくこともできます。よく使う項目または特定の連絡先グループからの電話だけを許可することもでき、緊急などで何度も電話がかかってきた場合は着信を可能にすることもできます。
アップル – iOS 6 先行告知

Wi-Fi環境がなくてもFaceTimeが利用可能に
  • FaceTimeが携帯電話ネットワーク経由にも対応
    • FaceTimeがWi-Fiだけでなく携帯電話ネットワーク経由にも対応するので、今いる場所を問わずにFaceTimeのビデオ通話をかけ、受けられるようになります。
      しかもiPadでも電話番号を使ったFaceTimeの送受信ができるようになります。
      ※携帯電話データ通信機能を持つiPhone 4SまたはiPad(第3世代)が必要
アップル – iOS 6 先行告知

iCloudタブやオフラインリーディングリストが追加されたSafari
iOS 6 - iCloudタブやオフラインリーディングリストが追加されたSafari
  • 見ているページを共有できるiCloudタブ
    • iCloudタブが開いたページを保存するので、手元のデバイスで見始めたページの続きを別のデバイスやMac上でも見ることができます。
  • いつでも記事の続きが読めるオフラインリーディングリスト
    • Safariのリーディングリストには、リンクだけでなくウェブページ自体も保存できるようになったので、インターネットに接続できない時でも記事の続きを読むことができます。(iPhone 4以降、iPad 2以降で利用可能)
  • その他の新機能
    • Safariを開いたまま撮影したり、カメラロールから写真を選んでほかのサイトに投稿できるようになりました。
      また横向きにしてフルスクリーンアイコンをタップすることで、iPhoneやiPod touchでページ全体を見ることができます。
アップル – iOS 6 先行告知

選んだ写真を特定の人と共有できるShared Photo Streams
iOS 6 - 選んだ写真を特定の人と共有できるShared Photo Streams
  • 選んだ写真だけを、選んだ人とだけ共有
    • 写真アプリケーションで写真を選んだら共有ボタンをタップし、共有したい人を選ぶだけで写真が相手に送られます。友だちがiOS 6を搭載したデバイスやMountain Lionを搭載したMacでiCloudを使っている場合は、共有した写真がすぐに相手の写真アプリケーションまたはiPhotoに現れます。共有したい相手がApple製のデバイスを使っていない場合は、ウェブ上で閲覧可能。
      Apple TVを使えば、共有されたフォトストリームをストリーミングすることもできます。
  • コメントも残せ、写真を共有したら通知でお知らせ
    • 共有したそれぞれの写真には、お気に入りのマークやコメントも追加可能。コメントは友だちだけでなく自分でもつけることができます。また、友だちや家族が写真を共有すると、通知が届きます。
      共有されたフォトストリームはiCloudのストレージを使わないので、写真の共有は好きなだけでき、しかもこの機能はWi-Fiと携帯電話ネットワークの両方に対応しています。
アップル – iOS 6 先行告知

さらに読みやすく、さらに書きやすくなったメールアプリ
iOS 6 - さらに読みやすく、さらに書きやすくなったメールアプリ
  • VIPリストの設定で重要なメッセージを見逃さずにチェック
    • VIPリストはiCloudに対応するので、一度リストに加えた人はどのiOSデバイスもその人をVIP扱いし、VIP受信ボックスに表示されます。
  • 動画や写真の添付、オフィスドキュメントの閲覧も
    • タップ数回で写真やビデオをEメールメッセージに追加なるほか、パスワードで保護されているオフィスドキュメントも開けるようになります。下に向かってスワイプするだけでメールボックスを更新できるようにもなりました。
アップル – iOS 6 先行告知

搭乗券もチケットもクーポンもPassbookでまとめて管理
iOS 6 - 搭乗券もチケットもクーポンもPassbookでまとめて管理
Passbookとは、飛行機の搭乗券や映画のチケット、お店のカードやクーポンなどをデバイス上でまとめて管理することができるiOS 6の新機能。時間と位置情報に対応しているため、必要な時に必要な場所でロック画面に表示させることができ、それらをスワイプすると画面にQRコードやバーコードが表示されます。

FeliCaなどのNFCっぽいこの新機能。日本ではどこまで対応してくれるのかが気になるところ。

  • 搭乗券や映画のチケット、クーポンなどをまとめて管理
    • Passbookを使えばiPhoneやiPod touchをスキャンするだけで空港でチェックインしたり、映画館に入ったり、クーポンを使うことができます。クーポンの有効期限やコンサートの座席のチェックもできるうえ、カフェのカードの残高も確認できます。
  • 時間と位置情報に対応
    • Passbookは時間と位置情報に対応しているので、iPhoneやiPod touchのスリープが解除された状態になっていれば、空港に到着した時やギフトカードやクーポンが使えるお店に入った時などに、ロック画面に必要なパスやカードが現れます。それらをスワイプすればQRコードやバーコードが画面に表示されます。
      さらに空港であなたがチェックインしたあとに搭乗ゲートに変更があるとPassbookがアラートでお知らせ。
アップル – iOS 6 先行告知
iOS 6の新機能「Passbook」とは何か? 将来的なNFC搭載の可能性を考察する (1) Passbookはどんなサービス? | iPhone | iPad iPhone Wire

機能を制限したりできる新機能、アクセスビリティ
iOS 6 - ガイド付きアクセスを内蔵、アクセスビリティ
  • ガイド付きアクセスを内蔵
    • 自閉症などを持つ学生が作業やコンテンツに集中できるようにサポート。スクリーン上の特定エリアのタッチ入力を制限できるこの機能を使えば、親・教師・管理者がホームボタンを無効にしたり、スクリーン上の特定のエリアのタッチ入力を制限することで、1台のiOSデバイスで使えるアプリケーションを1つだけに制限することができます。
  • 画面読み上げ機能 VoiceOver
    • 視覚に障がいのある方のために用意された画面読み上げ機能VoiceOverは、マップ・AssistiveTouch・ズーム機能とも連係。
アップル – iOS 6 先行告知

Appleが一からデザインしたマップの新機能
iOS 6 - Appleが一からデザインしたマップの新機能
  • GoogleマップからApple独自のベクターベースマップへ
    • Appleが一からデザインした新マップはベクターベース(拡大縮小しても画質に劣化が生じず、ファイルサイズも小さい)なので、大幅に拡大してもグラフィックやテキストは精細&パンやズームもスムーズ。
  • カーナビのようなTurn-by-Turn Navigationシステム
    • 分岐にさしかかったら音声で案内してくれるTurn-by-Turn Navigationシステムでは3Dのマップが表示されます。道を間違えても自動的にリルートしてくれ、走行ルートのシュミレーションも可能。渋滞などの交通情報を加味して到着予定時刻を算出してくれるだけでなく、それを踏まえたルートを検索してくれます。
  • リアルタイムの渋滞状況もお知らせ
    • iOS 6 - リアルタイムの渋滞状況もお知らせ
      到着予定時刻を算出するリアルタイムの渋滞情報も表示。渋滞の詳しい原因も知らせてくれるので、大きな事故なのか、それとも一時的に流れが悪くなっているだけなのかもわかります。渋滞がひどい時は、より短時間で到着できる別のルートを検索してくれます。
  • Flyover
    • 主要な大都市は、写真のようにリアルに表示されるインタラクティブな3Dビューで上空から眺めることができます。拡大したり、パンしたり、傾けたり、回転させたりすることが可能。
  • マップでもSiriを
    • 目的地までの経路をSiriにきくと、すぐに最速ルートをマップに表示。途中でお腹が空いたら、一番近くにあるハンバーガーショップやレストランをSiriが見つけ出します。
  • ローカル検索
    • マップ上に置いたピン、または検索結果をタップすると、その場所に関する便利な情報でいっぱいのカードが表示されます。写真を見たり、住所を調べたり、ウェブサイトやレビュー(Yelp)を見ることができるほか、番号をタップするだけで電話もかけられます。 Quick Routeボタンをタップすると、検索結果までの道順をマップが教えてくれます。
アップル – iOS 6 先行告知
アップル – iOS 6 先行告知 – マップ

発表があった10機能のうち一番気になったこの新しいマップ機能。一応全世界対応とのことらしいけど、日本はどこまでガッツリ対応してくれているのか…。Turn-by-Turnナビシステムとか渋滞状況お知らせとか、ちょっと知りたい的な感じだと大活躍してくれそうだし、ドライブ先でのローカル検索なんて嬉しい機能だよね。Flyoverとかこれはいい暇つぶしになりそうだし。対応次第ではナビアプリいらず。

だけどβ版の日本地図が従来のものに比べてスカスカだって話もあるし、FlyoverやSiriに至っては “国や地域によっては一部の機能を利用できない場合があります。” とか “言語や地域によってはSiriを利用できない場合や、地域によって機能が異なる場合があります。” だと注意書きに書いてある。100歩譲ってSiriは使えないにしても、マップがスカスカなのは嫌だなぁ。一般リリースの秋までに頑張ってくれApple!
iOS6の新マップアプリ、ベータ版の日本地図が従来に比べてスカスカすぎると話題に : iPhoneちゃんねる
Appleの新しいマップアプリ、米都市部の3D表示が凄すぎ : iPhoneちゃんねる

その他iOS 6の機能
  • iPhoneを探す
    • iOS 6とiCloudにはLostモードが搭載されるので、手元にないとわかったら4桁のパスコードを使ってなくしてしまったiPhoneをロックし、連絡先の電話番号を入れたメッセージを表示。そうすると拾ってくれた人は、iPhone上のほかの情報にアクセスすることなく、ロック画面から表示された番号に電話することができます。
  • 友達を探す
    • 例えば子どもたちが学校を出た時や家に着いた時などに、位置情報ベースのアラートが届くように設定することが可能。自分の現在地をほかの人に通知できる機能も。
  • iTunes StoreとApp Storeが新しいデザインに
    • それぞれのストアのホームページの一番上には、厳選された最新の音楽・映画・アプリケーションが表示され、スワイプで次々に見ていくことができ、タップすればさらに詳しい情報を見ることもできます。
  • 中国向けの新機能
    • テキスト入力機能が向上し、人気の高いインターネットサービスのサポートも内蔵。Safariの内蔵オプションにはBaiduが追加されたほか、YoukuやTudouに直接ビデオを投稿することもできるようになります。

誰も知らない、地味に嬉しい iOS 6の新機能 9選 : ギズモード・ジャパン
iOS 6が発表され、新しいiOSでは、Siriがもっと賢くなったり、Facebookと統合されたり、電話機能が改善されたり、地図がアップル製のものになったり、Safariも機能が追加されたり、どれも待ち遠しいアップデートばかりです。 他にも無いの? はい、まだまだあります。 今回は、あまり注目されていない地味に嬉しい機能に絞って紹介していきますよ~。 …


iOS 6 対応デバイス
  • iPhone 3GS / 4 / 4S
  • iPod touch(第4世代)
  • iPad 2 / 新しいiPad
「iOS 6」の新しい機能への対応状況をデバイス別に比較 – Touch Lab – タッチ ラボ
全てで「iOS 6」の新機能を利用できるわけではなく、モデルによって対応状況が異なるようです。[Source: 9to5Mac ]WWDCの基調講演では、3Dのマップ、音声ガイドによるターン・バイ・ターンナビゲーションなどの新機能が華々しく紹介されましたが、アップルのiOS 6のサイトの小さな文字で書かれた注意書きをみると、モデル毎にかなり対応状況が異なることがわかります。 …

今回のWWDC2012ではiPhone 5の発表はなかったものの、iOS 6が正式リリースされる秋にiPhone 5も一緒に来るんじゃないかっていう予想があるみたいだけれど、さてさてどうなることやら…。

, ,

Add reply

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しませんのでご了承ください。